生活 美容

食品と天然サプリメント

食品からでは摂取しづらい栄養成分を、サプリメントから補給するという方法がありますが、知っておきたいことは何でしょう。サプリメントを構成する成分には、合成成分と、天然成分があります。

やはり、食品の代わりにサプリメントで栄養を補う目的なのであれば、合成素材のサプリメントではなく、天然のものが良いといえます。天然素材のサプリメントがなぜ良いかというと、人間の体は常に、天然の食品を食べて栄養補給をしていたわけです。ですから、必然的に、天然のサプリメントのほうが断然吸収力がいいのです。ある報告によると、天然素材の物に比べて合成素材の吸収力は、約1/3だったいるそうです。天然素材とは、普段の食事で口にしている身近な食品などを使っていることが少なくありません。各栄養素は互いに影響を及ぼしあっており、別の栄養素の吸収を助けたり、不要な成分の排出をサポートしたりといった役割をはたします。合成で栄養素を大量に製造してつくられたサプリメントよりも、天然成分から製造されたサプリメントは、製品単価が高額なものになることが少なくありません。価格だけを見るとデメリットと感じられますが、体の事を考えるならば、やはり天然素材のサプリメントの方が良いと言えます。合成素材のサプリメントは、種類によっては石油系の材料を原料としているものもあります。きちんと精製してあるとはいえ、石油を原料としているサプリメントが体に、良いとはとても言えません。合成成分を原材料にしてつくられたサプリメントだと、副作用のリスクが全くないかといえば、そうともいえません。もしもサプリメントを摂取したいのであれば、天然素材のものがおすすめです。とはいえ、サプリメントは食事から摂取できない栄養を補助的に摂取するものであり、メインの栄養摂取源にできるものではありません。
クビレバイユーグレナ